シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

自分の人生の中で絶対にしないと決めていること。

こんばんは、ミニマリストのマイ(@simpleminus )です。

 

私は生きていく中で、絶対にしない!と決めていることがあります。もちろん犯罪になるようなことは絶対にしないけれど、それ以外のことです。それは

 

  • 愚痴を言わないこと
  • 人の悪口を言わないこと
  • 自分の悪口を言わないこと

 

なぜなら、息をするように愚痴を言っていた人がどういう人生を辿り、その結果現在どんな風になっているかを知っているから。愚痴を言って、一番その愚痴を聞いているのは自分です。その言葉は年々積み重なって、自分自身の血となり肉となり、人相となって現れてきます。

 

 

他人の言動にイラッとすることは誰しもありますが、嫌なら直接伝えればいい。伝えられないのなら極力その人と拘らないようにすればいい。私の場合、大抵は相手には伝えません。イラッとする相手は大方どうでもいい人だからです。本当に自分が大切に思っている相手にだけ伝えます。

 

 

あと、自分の悪口って無意識に出てきませんか?あぁ、私って全然美人じゃないなぁ。スタイル悪いなぁ。どうして私ってこんなにダメなんだろう・・・と、自分でもびっくりするくらい自分への悪口が出てきます。

 

 

私は自信満々!なんて人はいいと思うのですが、誰しも完璧じゃないからいいんです。自分への悪口が出てきたら、そんなことないよ。と自分に言ってあげてください。

 

f:id:simpleminus:20190323101004j:plain

自分自身に、他人に、育ってきた環境や今現在の環境に嘆きたくなったり、不満があったとしても。口に出すか出さないかで人生はどんどん二極化していきます。愚痴や悪口が頭に浮かんでも、咄嗟に口に出す前に一呼吸。その言葉を発して誰かが幸せになるのかな?

 

 

愚痴を言っている人は、どんな状況でも愚痴を言えることを探しています。愚痴を言ってスッキリしたら、次の愚痴を探す旅に出ています。親への愚痴、配偶者への愚痴、極め付けには昔お付き合いをしていた方への愚痴・・・と止まることを知りません。

 

 

気をつけていても愚痴や悪口は頭に浮かんできます。そうしたら、まず自分でそのことに気付くことが大切。私の場合気付いたら、そんなこと考える時間が無駄だなぁと結論が出ます。つまらないことを考える時間なんて無いから、楽しいことをしよう!本を読もう、何かお菓子を作ろう、お料理をしよう!ってなります。

 

私自身、他人や自分の悪口、環境などの愚痴をずっと言ってきた人生だったのでその癖を直すのは大変ですが、愚痴や悪口が頭に浮かぶ回数は確実に減ってきました。毎日の積み重ねです。ゼロにはならなくても、自分で意識することが大切。

 

恕─ひとに求めない生き方

恕─ひとに求めない生き方

  • 作者:円 純庵
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2015/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)