シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

服を大切にしたいから。平野のブラシを買いました。

こんばんは、ミニマリストのマイ(@simpleminus )です。

 

私が今までで一番捨ててきたものはお洋服だと思っています。数はたくさんあるのになぜか着るお洋服が無いという状況は当たり前だったし、お給料の中でお洋服に使うお金の割合も確実に高かった。今では本当に本当に厳選したお洋服だけがクローゼットの中にあります。

 

www.simpleminus.work

 

最近はお洋服作りにハマっていたりもします。

 

 

いつか自分の着るもの全てを作れるようになりたい。上質な生地を買って自分オリジナルのお洋服に囲まれて生活がしたい。日々練習です。こんな本も買ってみました。

 

コートを縫おう。 (step up sewing)

コートを縫おう。 (step up sewing)

  • 作者:かたやま ゆうこ
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

コートはまだまだ上手に縫える自信はないけれど、絶対挑戦したいことです。

 

 

さて、私が厳選して残したお洋服。できることならば長く着たい。一生着ることは難しくても、数年は着るつもりで購入しています。どうしたら長持ちさせることができるのだろう?と色々と調べたりクリーニング店の方に聞いてみると、洋服ブラシを使うといいよ!とのこと。

 

 

洋服ブラシなんて今まで使ったことがなかったので買ってみよう。調べてみるといろんなブラシがあるんだなぁ。どれにしようかな?たくさんの方のレビューを見ているとブラシの平野がとても品質が高くて良いとのこと。

 

ブラシの平野は1942年創業の老舗。元々はペンキのブラシを作る会社だったそうです。時代の変化とともにペンキブラシの需要が減り、今現在は洋服ブラシ、メイクブラシ、ヘアブラシなどを製造されています。ブラシは豚毛や馬毛などの天然の毛を使用されています。

 

 

歴史的背景や職人さんがブラシを手植えされている動画を見て、私、どうしても平野のブラシが欲しくなってしまったのです。私がパッと見て欲しい!と思ったブラシがこちら。

 

 

 

優しい色合いだし、握りやすそうだし、素敵ー!で、お値段を見てびっくり。めちゃくちゃ高いー!!!!どうしようー!ってくらいお高い。一度は諦めましたが、欲しい欲しい欲しい。と考えること1ヶ月。ついに、ついに買ってしまいました。豪華なお箱に入っているわ。

 

f:id:simpleminus:20191209191037j:plain

 

 

うおー!思った以上にふさふさな感じ。

 

f:id:simpleminus:20191209191145j:plain

 

私にとってはお高いものだったので、手に取るのも緊張しましたが早速大切にしているカシミヤのセーターを撫でてみました。これで合っているのか?と、まだ使い慣れていませんが毛玉ができる前にちゃんとお手入れしていきたいと思います。