シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

思い入れのある物の手放し方。

こんばんは、マイ(@simpleminus )です。

 

 

少し前から、思い入れのあるハンドメイドのものを手放しています。

 

 

www.simpleminus.work

www.simpleminus.work

www.simpleminus.work

 

私は生地が大好きだし、作ることが大好き。ハンドメイド販売もしていたから、完成品が多数在庫として残っていました。出品したらすぐに完売!というくらい人気ではなかったのです(笑)

 

 

さて、自分で作ったものを捨てるという行為は私にとってとても心苦しいこと。全部自分が頑張って作ったもの。生地代もタダじゃないし、捨てるなんてどうしたらいいのだろう・・・?と途方に暮れました。

 

 

作っていた時は生地選びから楽しくて、夢中になって作りました。出来上がったものを見て達成感を感じました。写真にとってワクワクしました。でも今見てときめかない。自分で使いたいと思わない。じゃあそれはもうお役目は終わりってことですね。

 

 

楽しかった時間、夢中になれた時間、達成感はかけがえのないもの。そう思うと感謝して手放すことができました。とはいえ、まだまだ完成品の半分以上は残っているので、また明日から一つずつ手に取って自分の気持ちを確かめながら手放していかなくてはなりません。

 

 

思い入れのあるものを手放す時って、その物よりも、物にまつわる思い出やその時の情熱が惜しくて手放せないんですよね。でも、思い出や情熱はその物を手放しても消えません。今の自分を形成している一部になっています。

 

 

私はハンドメイドのものを手放しても、自分の情熱は消えていないし、技術も消えていない。上手になるための練習だったんだと思えるようになりました。それに、今ときめかない生地を手放すと何か作らなきゃ!という強迫観念も手放せました。

 

 

自分では気付かなかったけれど、いつも何か作らなきゃ!って思っていたようです(笑)今ホッとしております。ちなみに今の私のハンドメイド部屋はこちら。

 

f:id:simpleminus:20191029193748j:plain

 

ぐっちゃぐちゃですが、時間をかけてでも綺麗にします!スッキリきれいにして、今までよりももっと素敵な物を作るんだー!と一人ワクワクしています。絶対年内には素敵なお部屋にします。