シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

お金に囚われることなかれ。

おはようございます、マイ(@simpleminus )です。

 

 

日本では初対面の方に年収いくらですか?なんて口が裂けても聞けないですよね。親しい友人であっても聞きにくい。もし聞いてしまったら非常識な人だなと思われるでしょう。

 

 

でもシンガポールに住んでいた時、よく初対面の人に年収いくら?と聞かれました。最初はびっくり!なんでそんなこと平気な顔して聞けるのだろう?と疑問に思っていましたが、あまりにもよく聞かれるので、挨拶代わりなんだろうなぁ。文化の違いって面白いですね。

 

 

さて、今日はちょっとお金のお話でも。

 

 

私はハンドメイド が好きで、時間のある時にカタカタとミシンを踏んでいます。生地選びから楽しい。お気に入りの生地であれを作ろうかな?これを作ろうかな?と考える時間も好きだし、作る過程もまた楽しい。出来上がった物を見て写真を撮って満足します。

 

f:id:simpleminus:20190323101004j:plain

自分で使うこともあるけれど、とにかくたくさん作りたい。上手になりたいし、生地を変えるだけで雰囲気も変わるから、この生地で作ったらどうなるのだろう?と興味もわく。出来上がったものを捨てるのは絶対に嫌だし、かと言って人にあげるのもなんだかなぁ。ハンドメイドのものが苦手という方もいるし。押しつけになるのも悲しい。

 

 

そんなこんなで数年前からハンドメイドの販売を始めました。物を作るためには生地、糸、その他の資材。梱包材や送料、販売サイトの手数料などなど色々なお金がかかります。販売価格から諸経費を引くと利益なんて少しになることも多々あります。

 

 

一度ハンドメイドの販売利益を10万円にしよう!と目標を立て、必死に必死に毎日作っていた時期がありました。ハンドメイドって本来楽しんで、心を込めて作るものだと思っているのに、鬼の形相で作っていたかと思います。

 

 

売りたい、儲けたい。そんな必死さとか悲壮感が出ていたのでしょうね。その月の売り上げはいつもの月の売り上げの半分にも届きませんでした。こうやってお金に囚われてしまうと、心の余裕がなくなってしまう。心の余裕がなくなると作るものにも心が込められなくなる。まさに悪循環でした。

 

 

ハンドメイドの販売を始めてたくさんの方と繋がれました。お客様からとても温かい言葉をいただくこともあります。そんな時心から作っていて良かったなと思います。お金を得られるということよりも、もっともっと大切で幸せに満たされる瞬間です。

 

 

結局私は一生ハンドメイドを続けるのだと思います。お金に囚われて自分の大切な物を見失わないように。まぁ、毎月の売上は気になるのだけれども。売れる月もあれば、売れない月もある。それでいいじゃない?肩の力を抜いて。