シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

断る勇気。

おはようございます、マイ(@simpleminus )です。

 

 

私は昔からですが、断ることがとても苦手です。お願いされているということは、私に期待してくれているということだよね?それを断るって期待を裏切ることになるのかな?気まずい雰囲気にならないかな?などなど。色々と頭の中で考えては、断れない。断れなくて、できないと言い出せなくて、結局自分がとてもしんどい思いをするということが多々ありました。

 

 

今でも断ることは決して得意ではありません。でも、自分がしんどい思いをするのも嫌だし、途中でできないとなると相手に迷惑もかかってしまう。自分にできそうにないな、難しいなと感じたら、勇気を出して早めに断ることにしています。

 

 

私の場合、ミシンがとても好きでそのことを公言しています。そうすると知り合いからよく

 

こんな感じの生地でバッグ作ってもらえるかな?ファスナー付きで、大きさはこれくらいで・・・

 

 とお願いされることがありました。オーダーメイドは何度か引き受けたことがありますが、一から型紙を作ったり、資材を買いに行ったりとすごく大変です。途中で仕様を変更となるとまた一からやり直すことになります。

 

きっとハンドメイドをされない方はいとも簡単にできるものと思ってオーダーしてくれるのだと思いますが、すごく労力を使います。自分の作りたくないものを仕事でもないのに作ることは、私にとってすごくストレスになっていました。今でもたまにお願いされますが、

 

今はオーダー受けてないの、ごめんね。

  

と答えることにしています。特に理由を言わなくてもこの一言でいいと思っています。理由を聞かれたら、今他のことで忙しくて手が離せないと答えます。

 

 

断ることは心苦しいです。でも、今の自分の気持ちとしっかりと向き合って気乗りをしないことは早めにはっきりと断る。中途半端にしない。私にとってはまだまだ勇気のいることですが、あれこれと悩む時間がとても減りました。

 

 

私自身も何かをお願いして断られることがあります。でも断られたからといって相手に嫌われているだとか、そんなことは思いません。特に気にしないし、じゃあ別の方法を探そう!となるので、自分もできない時はしっかりと断るようにしました。

 

 

自分さえ我慢すればいいなんてそんなことは無いんですよね。できないことや難しいことは、早めにしっかりと断る。自分と相手のためにもです。

 

「断れなくて損している」を簡単になくせる本

「断れなくて損している」を簡単になくせる本