シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

与えられる側から与える側へ。

おはようございます、マイ(@simpleminus )です。

 

 

私は今までにたくさんの物を手放してきました。全然使っていない物を手放す時は悲しいやら、苦しいやら色々な複雑な気持ちになりました。その気持ちの中で大きかったのは“損をしたくない”ということ。せっかく買ったのに使っていないなんて、何だか損した気分。気に入っていないし、使いにくいけれど、損をしたくないから使わなきゃ!と思っていました。

 

 

誰だって損したくないですよね。自分が買ったものと同じものが、自分が買った値段より安く売られていたら損した気分になる。逆に、自分が買ったものが、自分が買った値段よりも高く売られていたら得した気分になる。それがたったの1円であってもです。

 

 

損したくないから人間関係においても、この人は私に何を与えてくれるだろう?なんてことをよく考えていました。優しくしてくれるだろうか?奢ってくれるだろうか?素敵なものをプレゼントしてくれるだろうか?心地良い時間を提供してくれるだろうか?なんて全部相手任せ。とても自分勝手ですね。

 

 

たくさんの物を手放して、自分に必要なものだけを大切に出来るようになってからは人との関わり方も変わりました。相手が私に何を与えてくれるのか?よりも、私は相手に何を与えられるだろう?と考えるようになりました。与えるというと、物やお金を連想しがちですがそれだけではありません。優しい気持ち、温かい言葉、笑顔。充分素敵なプレゼントですよね。

 

f:id:simpleminus:20190323101004j:plain

大きなことはできなくても、今目の前にいる人、周りにいてくれる人に何が出来るかな?そう考えると、自然と優しい気持ちになることができます。自分が優しい気持ちでいられれば、周りにも優しい気持ちの人が集まってくるし、物事の良い面を積極的に見ることができます。

 

 

もっと欲しい欲しいと思うよりも、自分が何を与えられるだろう?そう考えることが結果的には自分が満たされていくんだなぁ。なんてことを最近よく考えつつ、ブログに書きたいと思ってはうまく言葉にできず。今日やっと書けて良かったなと思います。

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)