シンプルマイナス

シンプルに生きるアラサー主婦。 夫と二人暮らしの出不精主婦。内向的。 シンプルに好きな物と好きな人にだけ囲まれて生きると決めました。 布とミシンと猫とビールが好き。 ミニマリスト。

私の大好きなはさみの話。

おはようございます、マイ(@simpleminus )です。

 

 

ミニマリストの方は、語れない物は持たないだなんてことを聞いたことがあります。ミニマリストしぶさんだったかな?

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 

私はまだまだ語れないものも持っていそうですが、本当に本当に大好きで大切にしているはさみがあります。今日はそのはさみについて少し語らせていただければと思います。

 

 

私は小学生の頃に手芸に目覚め、我流でペンケースを作ったり、小物入れを作ったりすることが大好きでした。家庭科の時間にミシンを習ってからはミシンに夢中になり、次は何を作ろうか?なんてことを考えている時間がとても幸せ。

 

 

そして何かを作るときに必ず必要になるのがはさみ。子供の頃は普通の紙を切るようなはさみでジョキジョキと布を切っていました。小学生の高学年の時に、お裁縫セットを買ってもらいその時に初めて布専用の裁ちばさみを手にしました。

 

 

そのはさみをずーっと先日まで使っていたのですが、ついに!憧れだった庄三郎の裁ちばさみを買いました。切れ味が抜群と噂の庄三郎のはさみ。いつか、いつか手にしてみたい。上手になったら買おうと決めていたのですが、そろそろ手にしたいと思い買いました。まずはお写真。

 

f:id:simpleminus:20190725100501j:plain

 

はぁ〜本当に、本当に美しいですね。持ち手の黒と、刃の部分のコントラストが素敵すぎてずっと眺めていられる。手に取ると程よい重みがある。試しにハギレを切ってみると、あまりにも切れ味が良すぎてびっくりでした。ローンなどの薄い布だと、刃を当てるだけですーっと切れてしまう。震えました。こんなに力を入れずに布を切るはさみがあるなんて、と。

 

 

裁ちばさみなら100円でも買えますが、切れ味が全然違いました。庄三郎の裁ちばさみはお安いものでも六千円ほどします。

 

KAWAGUCHI 庄三郎 裁ちばさみ 標準型 240mm 01-240

KAWAGUCHI 庄三郎 裁ちばさみ 標準型 240mm 01-240

 

 

特級品となると数万円のものもあるそうです。お値段を考えるとなかなか買えずにいましたが、もっと早く買っておけば良かったなんて思います。私は何かを作る時、布を切る工程はあまり好きではなかったのですが、庄三郎のはさみが来てからは布を切るのも楽しみになりました。毎日お気に入りのはさみを使える幸せ。今日も楽しく布を切ろうと思います。