シンプルマイナス

シンプルに生きるアラサー主婦。 夫と二人暮らしの出不精主婦。内向的。 シンプルに好きな物と好きな人にだけ囲まれて生きると決めました。 布とミシンと猫とビールが好き。 ミニマリスト。

デンマーク人のヒュッゲから学ぶ、夫婦の過ごし方。

おはようございます、マイ(@simpleminus )です。

 

 

以前、世界一幸福度の高いデンマーク人の休日の過ごし方の記事を読みました。デンマーク人は“ヒュッゲ”をとても大切にしているそうです。ヒュッゲとは、居心地の良い時間や空間、そこから得られる幸福感。そんなところでしょうか。日本語にするのがとても難しいですが、私はそう捉えています。

 

f:id:simpleminus:20190617085934j:plain

 

さて、私は独身で一人暮らしをしていた頃、とにかく土日は家にこもってDVDを見ることが大好きでした。携帯の電源は切っているし、食料も買い込んでいるので外に出なくてもいい。誰にも邪魔されない自分だけの時間。それはそれはとても幸せな時間でした。

 

 

結婚した今、ご飯も作らず一人でDVD三昧とはいきませんが、二人なら二人で楽しめることがたくさんあります。あまり家から出ない私達ですが、お休みの日は一緒にお料理と食べることを楽しみます。一緒にピザを作って食べたり、たこ焼きを作って食べたり、餃子なんかもよく作ります。一人で作るとなると面倒だなぁなんて思うのですが、二人で作ると作ること自体がもう楽しいし、出来上がりを待つ時間も楽しい。

 

 

あと、お引越ししてからこれはやってみたい!と思いつつまだやっていないのがピクニック。近くに公園もたくさんあるので、サンドイッチと唐揚げを作って公園で食べようかな。おにぎりもいいなぁ。なんて想像をして楽しんでいます。お金を使って旅行に行ったり、素敵なレストランで食事をしたり。そんなこともすごく素敵だし楽しいけれど、毎週できることじゃないし、たまにだからきっと楽しいんだと思います。

 

 

休日となると、どこかに行って何か素敵なことをしなきゃ!なんて思いがちですが、そうではないんですよね。特別なところに行って、特別なことをしなくてもいい。ただただ日常を楽しむ。当たり前のようにある日常を楽しむからデンマーク人の幸福度は高いのでしょう。

 

ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」のつくり方 (単行本)

ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」のつくり方 (単行本)

  • 作者: マイク・ヴァイキング,ニコライ・バーグマン,アーヴィン香苗
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 いくらお金があって、高価な物を持っていても、それは人間の幸福度にはなんら関係のないものです。ただただ日々をどれだけ大切にできるか、楽しめるか。人は皆幸せでありたいと思うもの。幸せを求めるのなら、ただ目の前にある日常を大切にし、そして精一杯楽しむこと。当たり前だからこそ出来ていないことが多いなと思います。

 

 

物質的にはとても恵まれている日本に住んでいるからこそ、そのことに感謝しつつ、幸せと感じる瞬間を少しでも増やせればと思います。