シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

ミニマリストも人それぞれ。

こんばんは、マイ(@simpleminus )です。

 

 

私はミニマリストの方々が好きです。だからどんな物を大切にしているのかな?と思うし、逆に何を不要に思ったのかな?なんて思います。何を大切に思うかなんて人それぞれだし、違っていて当たり前なこと。必要なものは人それぞれ違います。

  

よく

 

  • 炊飯器を手放しました!
  • 洗濯機を手放しました!
  • 冷蔵庫を手放しました!

 

なんて投稿をツイッターやブログで見かけます。すごいなぁと思うし、これだけ身軽になれたらどんなにいいだろう?と思います。お引越しも楽々できそうですよね。私がもし独身で一人暮らしだったらどうだろう?それでもこの3つは持っていたいなと思います。

 

 

というのも、海外から日本に引っ越した時、炊飯器、洗濯機、冷蔵庫を持たない生活をしばらくの間していました。洗濯機や冷蔵庫は日本を発つときに友人に譲ったし(海外の家は家具付きのところが多いです)、炊飯器は船便で送ったので2ヶ月ほど届かず。洗濯機と冷蔵庫は帰国後すぐに買いましたが、欠品で新居に入居してから2週間ほど待つ羽目になってしまいました。

 

 

冷蔵庫のない生活は最初はミニマリストしぶさんみたいでかっこいい!と思っていましたが、まとめて食材を買うのが好きな私には合わず、だんだん面倒になりました。あとアイスクリームも食べたかった(笑)

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 

洗濯は2週間ほど全部手洗いしていました。コインランドリーがめちゃくちゃ遠くて(泣)炊飯器は新しいものを買おうかと思いましたが、海外から届くまではストウブのお鍋で炊いていました。これはこれで楽しかったし、ご飯も美味しく炊けたのですが、やっぱり炊飯器は時短だし楽だし、ケーキも焼けるしなぁ。早く炊飯器のある生活がしたい!って思いました。

 

 

我が家は転勤族なので、大型家電3つを手放せるとなるととてもお引越しが楽になるのですが、やっぱり難しかった!私にとっては必要なものでした。

 

 

ミニマリストは物の少なさを争うものではありません。いくらミニマリストとはいえ、必要なものは人それぞれ。家族構成だったり、住む地域によって全然違う。あの人が捨てたから私も捨てようかな?と安易に考えて捨ててしまうのはとても危険です。物を手放す時は、自分にとって本当に不要なものかどうか、今一度考えて見てくださいね。