シンプルマイナス

シンプルに生きるアラサー主婦。 夫と二人暮らしの出不精主婦。 シンプルに好きな物と好きな人にだけ囲まれて生きると決めました。 布とミシンと猫とビールが好き。 ミニマリスト。 必要最低限の物で旅に出る、ミニマム旅行好き。

過剰な期待をしないこと。

こんばんは、マイ(@simpleminus )です。

 

 

日本はどこに行ってもサービスがいいですね。お店に行ったら笑顔で接客してくれるし、たくさん荷物を持っていたら、お荷物まとめましょうか?と声をかけてくれる。

 

 

オーストラリア、シンガポール、メキシコに数年住んだことがありますが、日本ほど質の高いサービスを受けたことないなと思います。だから海外に住み始めた頃は、どうして〇〇してくれないの?なんて思って腹を立てたこともありました。

 

f:id:simpleminus:20190327093658j:plain


 

怖いですね。ついついやってもらって当たり前になっていたんです。でもこれって気がつくと誰しも陥ってしまいがちなこと。家庭内だったら妻または夫がご飯作って当たり前、お掃除して当たり前。お買い物するときも、店員さんは笑顔で接客が当たり前。お金払ってるんだからこれくらいのサービスがあって当たり前・・・。

 

 

この当たり前の基準が高ければ高いほど、がっかりする。そして一番損するのは自分です。何をするにも相手の行動次第でイライラしてしまいますね。

 

 

少し冷たい言い方になりますが、他人に期待をしないこと。〇〇してもらって当たり前なことなんて一つも無いんです。店員さんが笑顔で接客してくれることは本当に気持ちいいしありがたい。けれど店員さんだって人間なんだから、体調が悪かったり、心配事があったりする日もあるし。笑顔を作ることが苦手な人だっている。外からは見えない色んな事情がある。

 

 

気分が悪かったら人に横柄に接していいということではなく、他人のことと自分のことは分けて考える。他人の態度が良かろうと、悪かろうと自分にはコントロールできないこと。相手の態度がどうであろうと、自分は自分。相手の態度に合わせる必要もないんです。

 

 

人は一人では生きていけません。どこかで誰かに助けてもらいながら生きています。だから時として自分が思った通りにならないこともあるし、自分もそうじゃないかな?みんな完璧じゃないから、それでいいと私は思っています。そう考えられると自分にも優しくなれるし、人の失敗にも優しくなれます。

 

 

自分にも他人にも過剰に期待しなくなることが完璧主義を脱する第一歩。長年完璧主義だった私もようやく抜け出すことができました。