シンプルマイナス

シンプルに生きるアラサー主婦。 夫と二人暮らしの出不精主婦。内向的。 シンプルに好きな物と好きな人にだけ囲まれて生きると決めました。 布とミシンと猫とビールが好き。 ミニマリスト。

サバイバルウェディングを読みました。

おはようございます、マイ(@simpleminus )です。

 

 

最近時間を見つけては読書をしています。読みたい本がたくさんあるのですが、今回はあまり読まないジャンルの本を読んでみたいなと思い、大橋弘祐さん著のサバイバル・ウェデイングを読みました。

 

サバイバル・ウェディング(文庫版)

サバイバル・ウェディング(文庫版)

 

 

アマゾンプライムのプライムリーディングに入っていた本。恋愛小説かな?と思って読み進めていましたが、見事にハマってしまいました。

 

 

出版社に勤める29歳の主人公さやかが、結婚直前に婚約破棄をされるところから物語は始まります。会社も辞めたし、式場も予約しているし、親にも言っているし。復職はできたものの、半年以内に結婚しそれを記事にすることが条件。

 

 

なんてとんでもない条件ですが、そこから翻弄するさやかを見ているともどかしくて、愛おしくて、妹を見ているような視点でサクサク読むことができました。ブランド好きな上司、宇佐美から教わる男性との接し方や、ブランドのウンチクがこれまた面白くて引き込まれてしまいました。

 

 

さやかが失恋をして友人とともに、散らかった部屋の不要品を次々と手放すシーンがあるのですが、このシーンが個人的には一番好き。それはまだ使うかもしれないから・・・なんて言葉も出てきます(笑)嫌なことを思い出してしまう物は全部捨てるよ!と朝までゴミ袋を抱えるさやかを見て気分爽快!

 

 

新しいものを手に入れるには、古いものは捨てていかなきゃいけない。

一番大切なものを手に入れるためには、二番目のものを捨てる必要がある。

 

 

など、まさにミニマリズムの考え方がたくさん散りばめられているんです。物語の中に“ミニマリズム”の言葉が出てきたことも嬉しかった。普段読書しないよ、なんて方もサクサク読めるようなテンポ感のある作品でした。ドラマにもなったことがあるそうです。

 

サバイバル・ウェディング DVD-BOX

サバイバル・ウェディング DVD-BOX

 

 

そして文庫では2まで出ている。

 

サバイバル・ウェディング2  わたし、ひとりで生きていけますが結婚しないとダメですか!?

サバイバル・ウェディング2 わたし、ひとりで生きていけますが結婚しないとダメですか!?

 

 

単純な恋愛小説ではなく、意外に名言が多くて個人的には結婚する前に出会いたかった本です。何も考えずにサクサク読めるし、後味もいい作品なのでぜひ読んでみてくださいね。