シンプルマイナス

シンプルに生きるアラサー主婦。 夫と二人暮らしの出不精主婦。 シンプルに好きな物と好きな人にだけ囲まれて生きると決めました。 布とミシンと猫とビールが好き。 ミニマリスト。 必要最低限の物で旅に出る、ミニマム旅行好き。

コンビニ人間を読みました。

こんばんは、マイ(@simpleminus )です。

 

 

kindle paper white を購入してから、読書量がとても増えました。本を読む機能だけしか付いていないので、読書に集中できる。本当に買って良かった。

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)

 

 

さて今日は、先ほど読み終えたばかりの本を紹介させてください。村田沙耶香さん著のコンビニ人間。芥川賞受賞作、かつ世界20カ国でも翻訳されたベストセラー。

 

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

 

 

主人公は36歳独身、彼氏なし、就職経験なしの恵子。コンビニアルバイト歴18年。

 

 

さて、主人公の経歴を見てどう思いましたか?人それぞれ色々なことを思ったかと思います。

 

  • 36歳で独身?
  • なんで36歳で就職経験がないの?
  • コンビニでずっと働いてるの?
  • 彼氏いないの?

 

などなど。人それぞれ事情があるし、他人にアレコレ言われる筋合いなどありませんが思うことはありますよね?というお話です。

 

 

差別なんてしていませんよ?みんな平等だよ!という顔をしながら人は皆それぞれ自分の中に“普通”を持ち合わせている。今の時代の“普通”って何でしょうか?

 

 

女性なら高校または大学を卒業して、就職して、30歳までには結婚して、2人くらい子供を産んで、産休、育休を取って、子供が少し大きくなったら社会復帰して・・・というところでしょうか?これがもし今の時代の“普通”だとしたら、私は普通ではないですが。

 

 

そして普通でないと判断された人は、普通である人に判断され、裁かれ、勝手に理由をアレコレつけられ、勝手に納得される。普段口には出さないけれど、世の中って綺麗なことばかりではなくそういう側面も持ち合わせているのです。

 

 

普通とは何か?とても抽象的で難しいテーマですが、コンビニという身近な場所が舞台なのでとても読みやすく、サクサクと読むことができました。普通じゃない人にも優しくしましょうね!仲良くしましょうね!という綺麗事ではなく、だからと言ってお説教でもない。ラストは色んな捉え方があるとは思いますが、私はスッキリしました。