シンプルマイナス

シンプルに生きるアラサー主婦。 夫と二人暮らしの出不精主婦。 シンプルに好きな物と好きな人にだけ囲まれて生きると決めました。 布とミシンと猫とビールが好き。 ミニマリスト。 必要最低限の物で旅に出る、ミニマム旅行好き。

親との人間関係。

おはようございます、マイ@simpleminusです。

 

 

昨日に引き続き、人間関係のお話です。今日は親との関係のお話なので、もしかしたら読んでいて辛く感じる方もいるかもしれません。なので辛いなと思ったらすぐに読むことを辞めてくださいね。

 

 

私の母親はご飯は作らない、洗濯はしない、家事全般がダメな人でした。自分の思い通りにならないことがあれば怒り狂う。毎日子供の私に父親の悪口、近所の人の悪口、ママ友の悪口を聞かせるような人でした。

 

 

そして過干渉。誰といつどこに何しに行くの?と一人暮らしを始めてからも、私が結婚してからもそれは変わりません。夫の服装にまでアレコレ言ってくる始末。一言で言ってしまうと毒親という言葉がしっくりくるのかもしれません。

 

 

とは言え、私はもう大人。結婚して夫と家庭を築いているし、自分の意思でなんだってできる。母親に何を言われても、否定されてもだから何?と言える。

 

母を母としてではなく、一人の人間として見ることができる。血が繋がっているから、親だから。そう思うから親との人間関係って難しくなるんじゃないかなと思います。

 

 

私は母を一人の人間として見た時、苦手だなと思いました。他人の悪口を言ったり、他人に執着したり。そんな人がいたら私はその人を遠ざける。でも親だから簡単に関係を断捨離できない。そう思っていましたがそうじゃない。私は母に伝えました。

 

 

私は、毎日のように連絡してこられたり、行き先を聞かれたりするのはしんどい。もう少し私のことを信じてほしい。

あと、人の悪口を聞かされるのも辛い。嫌だなと思う人がいるのなら悪口を言う前に、その人との関係をどうしたいのかを自分で考えてみてほしい。それでもどうしても関係がうまくいかないのなら、その時はお話を聞くことはできる。

 

 

そう伝えると母は怒り狂いました。あなたのせいで私の人生はめちゃくちゃになった。大した人間でもないくせに偉そうなことを言うな。そんなことを言っていたように思います。

 

 

吹っ切れました。もう自由になろうと。私が彼女にしてあげられることは無いし、私は私で勝手に幸せになろう。たくさん言われたひどい言葉も全部全部、私を自由にしてくれるためなんだと思えるようになりました。

そして、母のことを考えてイライラすることもなくなりました。

 

 

もし、親との関係で今苦しい思いをしている方がいたら、まずは親を親としてではなく一人の人間として見てみてください。その人のこと好きですか?一緒にいたいですか?答えがNOなら、遠慮なく距離を置いて大丈夫です。まずは自分の気持ちに素直になりましょう。今苦しんでいる方が、少しでも楽になりますように。