シンプルマイナス

ハンドメイド大好きなミニマリストがシンプルに生きていくためのブログ。

ミニマリスト的!お鍋とフライパンを見直しました。

おはようございます、マイです。


毎日使うものだから、特別気にしていなかったのですが・・・
久しぶりにフライパンとお鍋の数を数えてみました。


以前数えた記事。

 

www.simpleminus.work

 



以前と比べて変わったことは、ニトスキを手放しました。ニトスキ 、大好きだったのですが重たくて。
そして、チャーハンなど大物を調理するときは小さすぎて使えなかった。

 


お料理する時にすごくしんどかったことに気づいたので、お引越しの時に思い切って手放しました。

 

 

うん、お引越しって最高の物を手放すのチャンスですよね。


その代わりに買った鉄のフライパンがこちら。

リバーライトの極です。

 

リバーライト 鉄 フライパン 極 ジャパン 26cm IH対応 日本製

リバーライト 鉄 フライパン 極 ジャパン 26cm IH対応 日本製

 

 


鉄のフライパンはたくさんあるけれど、お手入れが楽で口コミが良かったのでまずは小さめ20センチのフライパンを購入。


20センチは少量の炒め物だったり、たまにする揚げ物に使っています。
油をしっかりとくぐらせて、加熱した後は卵焼きもスルスル焼けます。油をケチると失敗するので、ちょっと多い?くらいがちょうどいいです。

 


これがすごく使いやすかったので、次は28センチのものを購入。
チャーハンや炒め物、お肉を焼いたりと何にでも使えます。お鍋を全部使用中は、パスタ茹でにも使っています。
結構何にでも使えちゃう。



我が家は夫と2人暮らしですが、夫がたくさん食べるので28センチを選びました。


タワシでゴシゴシこすっても大丈夫だし、思っていた以上にお手入れが楽なので気付けばこのフライパンばっかり使ってします。


鉄のフライパンってお手入れが大変なイメージだったけれど、買って良かった。心配していた重さも大丈夫でした。

 


そして気づいたのは、5年前に購入したアイリスオーヤマのフライパンを使わなくなったこと。
ダイヤモンドコーティングですごく使いやすくて重宝していたのですが、ガス火にかけた時に何やらケミカルな変な匂いがして・・・


それ以来使わなくなってしまいました。


ケミカルなものが体の中に入るのは怖いし、もう鉄のフライパンでこれからはいこう!
と決心しました。


お鍋は相変わらずストウブを使っています。
ほぼ毎日フル活用!
6年経った今でも現役です。
ピコココットのラウンド。
18センチと24センチのブラックを使っています。

 

staub ストウブ 「 ココット ラウンド ブラック 22cm 」 両手 ホーロー 鍋 IH対応 【日本正規販売品】 La Cocotte Round 40509-305

staub ストウブ 「 ココット ラウンド ブラック 22cm 」 両手 ホーロー 鍋 IH対応 【日本正規販売品】 La Cocotte Round 40509-305

 

 


てことで、今の我が家は

フライパン×2
お鍋×2

でした。

 


たまに足りないかな?と思う時もあるのですが、まぁ何とかやっていけているのでこれが今の適正かな?と思っています。