シンプルマイナス

シンプルに生きるアラサー主婦。 夫と二人暮らしの出不精主婦。内向的。 シンプルに好きな物と好きな人にだけ囲まれて生きると決めました。 布とミシンと猫とビールが好き。 ミニマリスト。

物を手放し続けて分かった!私が本当に欲しかったもの。

おはようございます、マイです。


今日は珍しく4時台に目が覚めてラッキー!



1日の中で必ずやりたいことは朝のうちに!ということで、ブリ大根の仕込みをしました。


さて。
物を手放し続けて、我が家の物は1年前の4分の1ほどになりました。
物は確実に減り、お引越しも楽チンです。転勤族なので、さぁ!いつでも来い!お引越しよ。という意気込みです。


そして。
たくさんの物を手放し続けましたが、まぁブランド物の多いこと。
お洋服、バッグ、ベルト、靴、小物。

特にバッグの多いこと、多いこと。バッグ屋さん開けるんじゃない?


その中でも、ブランドにかかわらず本当にデザインが好きなものだけを残しました。


お金無いと思っていたのに、そんな物を買うお金がどこにあったのか?もう本当に昔の私に問いたい。
お金が無いと思っていたのは、見栄を張っていたためでした。


ふと思ったんです。
私は自信がなかった。
自信がないから、ダメな自分を見せたくなくて全身ブランド物でかためていたんだと。

 

これさえ持っていれば他人からバカにされない、見下されない。何かあってもバッグや靴などのブランド物が私を守ってくれる。そう思っていました。


私がずっと欲しかったのは自信でした。

 

f:id:simpleminus:20190320101147j:plain



自信がないから、自分の意見を言わない。
自信がないから、人の批判ばかりしている。
自信がないから、やりたいことにも挑戦しない。


そんな自分を変えたいなと思いました。


とは言っても自信なんて1日2日で持てるものでもないので、小さなことでも自分を褒めるようにしています。


朝起きれてすごいねー!
ご飯作れてすごいねー!
お掃除できてすごいねー!


といった感じです(笑)



最初はバカみたいかな?なんて思っていたのですが、自分を自分で育てている感じ。
まるで子育てのようです。
これはこれで結構楽しい。



子供の頃に親や先生に否定され続けたり、愛情をかけられずに育つと自己肯定感が低いなんていいますが、何歳になっても自分で自分を育てられるんじゃないかな?

 

 

過去は何を言っても変えられないし、私たちが変えていけるのは未来だけ。自分の心がけ次第でどうにでもできる。
 

私はそう思っています。